近くが見えない!

2017.05.26.08:16

一昨日の夕方、息子君突然、「近くがぼやけてみえる」と言い出しました。
それって遠視???試しに私の老眼鏡をかけてみると、よく見えるのだそうです。

鼻水もずっと出っ放しです。しかも花粉症のような透明なさらっとしたものでなく、黄色い鼻水、、、蓄膿なんかあるのかもしれません。
頭痛の原因のひとつかも、、、早いうちに眼科・耳鼻咽喉科へ連れて行きます。
スポンサーサイト

毎朝、祈るだけ

2017.05.22.07:52

息子君、学校へ行けなくなって2週間目に突入。

土、日曜日の朝は比較的元気に起きてきますが、平日の朝は足取りから重たい感じ。表情は暗く、「頭が痛い」「しんどい」「吐き気がする」などの訴えあり。休ませるほうがいいのか、悩みどころ。朝食は食べれるか、快便か、熱はないか、、、などさりげなくみますが、だいたいはとてもしんどそうで、休ませることになります。

昨日午後からは友達と楽しそうに遊んで、今日こそは、と祈りながら、息子君が起きてくるのを待ちます。ゆっくりした足取り、「頭痛い」の一言。今日も無理か、、、とがっかりです。それでも、少し朝ごはんを食べてくれるので、ちょっとずつは回復しているのでは、と勝手にいいように解釈しています。

theme : ちょっとした出来事
genre : 日記

第2268回「5月といえば?」

2017.05.20.23:19

こんにちは!トラックバックテーマ担当の梅宮です今日のテーマは「5月といえば」です梅宮は男兄弟がいるので5月といえばこどもの日に飾られていた鯉のぼりと兜の置物を思い出しますこどもの頃は1年に1回しか見れない珍しいものという感じだけでしたが、大人になってからこれらが深い意味を持っている事を知りましたそういった日本の風習はいつまでも受け継いでいきたいですねみなさんは5月といったら何を思い浮かべますかたく...
FC2 トラックバックテーマ:「5月といえば?」


私の誕生日

不登校の原因

2017.05.20.23:09

タイトルに「不登校」と書きましたが、よくよく調べてみると、「何らかの心理的、情緒的、身体的、あるいは社会的要因・背景により、児童・生徒が登校しない、あるいはしたくともできない状況にある者(ただし、「病気」や「経済的な理由」による者を除く。」[1]とあるので、息子君の場合は厳密には不登校にはあたりません。

親の目から見ると、これが不登校の始まりでは、、、と思わずにはいられません。

親が出来ることは、残念ながら少なく、負担を少しでも減らそうと躍起になればなるほど、それがまた息子君への負担にならないか、考えてしまいます。

何が原因か、、、
学校で何かあった?→本人、先生に聞いてもいじめられたり、嫌なことがあったりした様子なし。
習い事が負担?→本人曰く、これは自分の問題で、ストレスは感じていないとのこと。
家庭環境?→父が亡くなり稼業を継いだことで、私の忙しさは倍増。息子君と過ごす時間は減少。本人はこれも問題ではないと。確かに、最近は部屋で一人で過ごす時間が増えている。学校を休むときは、家に一人でおいておくということは考えられなかったが、最近は私の職場へ行ったり、他人と過ごしたりするより、一人で過ごすほうがいいという。
押しつけ?→習い事の宿題はこなしていって欲しいという願いから、最近になって私が息子君が宿題をきちんとしているかどうかチェックしています。やっていなかったり、一部抜けていたりして、今まで結構いい加減にしていたということが判明。厳しく見張りすぎたかと反省。

これといった原因は見つからず、小さな色々なことが少しずつ積み重なり、学校へ行けない状態になっているのではと思っています。

本当に不登校かも

2017.05.20.22:49

あれから1週間。

毎朝起きてくるなり、「頭が痛い。」「気分が悪い。」と言う息子君。熱などないものの、しんどそうで、朝ごはんは食べられず。またベッドに戻るとスヤスヤ寝てしまいます。

職場へ連れて行ったり、ファミサポでお世話になったり出来るのですが、家でゆっくり過ごしたいというので、夫君、私とも仕事へ行き、ランチは一緒に食べるように心掛けています。

日中は息子君、気の向くまま、テレビを見たり、ゲームをしたりして過ごしているようです。ただし、勉強をすると気分が悪くなり、頭が痛くなるそうです。

しばらく、習い事をお休みしては?と考えるのですが、本人は辞めるのはもちろん、休みのも本当は嫌とのこと。先生と相談し、本人の調子を見ながら、行けるときに行くことにしました。

プロフィール

あきママ

Author:あきママ
2006年年12月:男の子を出産。(この時すでに高齢出産のお墨付き)
2009年9月:「関節リウマチ」と診断。病気と闘いながら第2児を授かることが出来るか。
2010年3月:「成人発症型スティル病」と診断。
病気に関することを、楽しく気ままな子育ての記録とともに、書き留めておけたらと思います。
よろしくお願いします。たくさんのコメント頂けると嬉しいです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード