スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

登校

2016.05.04.07:04

翌日の朝、先生が家まで来てくれました。

私の印象としては、学年が変わったばっかりで、先生も試行錯誤され、お困りのようでした。

授業が始まっていてもいいから、先生に教えて欲しいと言って頂けました。(先生が把握していなければ、対処できませんもんね。)「授業なんか、いつでも取り返せるから、遠慮せず言って下さい。」と心強いお言葉を頂きました。万が一、無理なら私か夫君にすぐに教えてねとの言葉も添えました。

細々したことを、先生にお尋ねし、息子君も納得したのか、学校へ行く気になってくれたようです。
スポンサーサイト

不登校

2016.04.27.06:47

ポツリと息子君、「学校へ行きたくない。」と言いました。

学校では全力で頑張っている心優しい息子君(これは褒めすぎ!?)。1学年上の子や同級生から、時々、嫌な事を言われたり、女子トイレに押し込まれたり、叩かれたり、、、

対処として、①嫌とはっきり言う。②先生に言う。③親に言う。

嫌と言ったら、「その反応が面白い。」と言われて、言い返せなくなっていました。先生は忙しそうだったり、授業が始まる直前だったりで、うまく伝わっていません。夫君や私にすぐ、、、というのが親としては嬉しいのですが、彼なりに消化してから、そのころにはもう数週間から1か月以上経っていたりしてから、教えてくれます。

毎日、そういうことがあるわけではないようですが、いつされるか、言われるか分からないので、学校へ行くのが不安で、怖いというのが息子君の言い分でした。

こういうことって、大概先生の目がない所でされるようです。何度も先生には言っているのですが、嫌な思いを時々しているようです。夫君と相談し、とりあえず、休ませることにしました。その晩、息子君の思いを十分に聞き出せなかったことの歯がゆさで、なかなか寝付けませんでした。

先生に連絡し、行かせたほうがいいのか休ませたほうがいいのか尋ねると、「何とか学校へ来させてくれれば、、、」との返答でした。改善の余地はあるのか、どう息子君の安心を得るのか、親として悩ましい問題です。

ゲーム禁止日、その後

2014.11.12.08:04

ゲーム禁止日を設けて、半月が経ちました。慣れてくると、息子君、文句が減ってきました。何を言っても、ゲームをできない日は出来ないと悟ってきているようです。

ゲーム、テレビがない1日って、ゆるやかに流れていきます。宿題や学校の用意はもちろん、部屋の片付け、庭掃除、洗濯たたみをしても、まだ時間があります。(メディアにかなり息子君の時間を費やしていたことが、いまさらながら実感です。)そして、「早くしなさい。」と言う必要がなくなりました。

最近は将棋とオセロ、本読みに凝っています。もちろん、家族間の会話もはずみます。男の子って(息子君だけかも)、その日にあった嫌な出来事って、その日のうちに打ち明けてくれません。必ず、過去形で、でも聞いて欲しいみたいで、貴重な時間です。(ずーとこのまま話しをしてくれたら、、、と思います。)

本を毎回買ってもいられないので、週1で図書館通いです。

メディア禁止日、お勧めです

ゲーム禁止日

2014.10.31.06:48

Happy Halloween

先日、メディアの怖さについての記事を読み、もちろん利点もあるのですが、欠点を息子君に話しました。今まで、何となく、ダラダラとしていたゲーム、テレビの時間を1日1時間まで、そして、ゲームをしない日を週に2日間決めました。

息子君は、案外ゲームやテレビの弊害を案外あっさり納得し、そして、抵抗しながらもきちんと約束を守ってくれています。

秋の夜長、おしゃべりしたり、読書したり、ボードゲームや将棋をしたりする時間が増えました。まだ「何をしよう?」と時間を持て余す時がありますが、それはそれで、ボーっと過ごせばいいのでは、、、と考えています。

スティルは寛解中、痛みなく家族と共に、ゆっくり過ごす時間が増えたこととともに、感謝の毎日です。

夜驚症(やきょうしょう)

2014.08.31.06:48

朝夕涼しくなり過ごしやすくなりました。夏休みももう終わりです。

さて「高熱でうなされる」で息子君の記事をかきましたが、その後熱が下がってからも、泣いて起きることが夜に2回、そして学童保育である昼寝中にも1回ありました。

調べてみると、睡眠中に突然起き、泣いたり叫び声をあげたりする恐怖症状(夜間のパニック←まさにこれ!)を「夜驚症」と呼ぶのだそうです。小学校低学年くらいまで、数%の割合で起こり、深い眠りのノンレム睡眠の時に起こるのだそうです。また、能の発達が未熟なため、覚醒がうまく出来ず、目覚め機構が完成する思春期頃までには治ることが多いそうです。

疲れやストレスが原因のこともあり、睡眠時間をしっかり確保してあげること、またてんかんの一部症状として現れることがあるので注意しておくことが必要です。

急に起きだして錯乱している場合は、声などかけず、再び眠るまで様子を見てあげるだけでよいそうです。本人はその記憶がないので、起こしても、「何?」と覚えていないとか。

知識って大切です。明日から学校が始まります。忘れ物がないようにしなくっちゃ。
プロフィール

あきママ

Author:あきママ
2006年年12月:男の子を出産。(この時すでに高齢出産のお墨付き)
2009年9月:「関節リウマチ」と診断。病気と闘いながら第2児を授かることが出来るか。
2010年3月:「成人発症型スティル病」と診断。
病気に関することを、楽しく気ままな子育ての記録とともに、書き留めておけたらと思います。
よろしくお願いします。たくさんのコメント頂けると嬉しいです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。