ぼんやり時間

2010.08.17.13:58

夏休み帰省して家事を母親と分担できるため、息子君と一緒に過ごす時間がとても増えました。明日はどこへ行こう、何をしようと焦って考えている所へ、以前買った雑誌からいい情報を得ました。主題は「テレビのスイッチを切ったあとぼんやり時間が子供の心を育てる」、副題は「テレビの代わりに何を与えればいいの?」と考える‘‘遊び心のない大人’’が問題、です。

早稲田大学文学部教授の増山均先生は、「子供の空き時間を、親が埋めなくてはいけないと考えること自体、間違っているのではないか」と話します。

「現代の親は教育主義に偏っていると思いますよ。遊びのなかでさえ何かを学ばせようとしたり、余暇時間を有意義なものにしようとしたり、子供がぼんやりしている時間を許せない。だから時間をつぶすのに便利なテレビやゲームを取り上げたら、次に何を与えようかという発想になってしまう。大人に遊び心がなくなっていることが、本質的な問題ではないでしょうか。」

子どもがぼんやりする時間はなぜ大切なのでしょう。

「自分で遊びを見つけるからです。ぼんやり過ごす時間は、子どもが想像力を発揮し、遊びを生み出す土壌。例えばただ真っ暗な部屋にいるだけでも子どもは想像力を働かせ、ワクワク、ハラハラ、ドキドキする。遊び心が動き出します。遊ぶ場所がない、遊ぶ道具がないということは本質的な問題ではありません。」(省略)

遊びを通して、やり遂げることの喜びを知るとか、集中力を養うといった教育的な効果でなく、遊びそのものが、心を豊かに育んでくれるのです。
-取材、文 松田慶子、テレビのスイッチを切ったあとぼんやり時間が子供の心を育てる、Aera with Baby 2008年秋号、22ページ

ぼーっとするのが得意でなく、常に動いていたい私。その考えを子どもに押し付けてはいけなかったのですね。「子どもとゲーム」ではゲームそのものについての記事を書きましたが、飛行機や電車、車のなかで無理に時間をつぶそうとしなくてもいいのかもしれません。

スポンサーサイト

theme : 伝えたいこと
genre : 日記

comment

Secret

プロフィール

あきママ

Author:あきママ
2006年年12月:男の子を出産。(この時すでに高齢出産のお墨付き)
2009年9月:「関節リウマチ」と診断。病気と闘いながら第2児を授かることが出来るか。
2010年3月:「成人発症型スティル病」と診断。
病気に関することを、楽しく気ままな子育ての記録とともに、書き留めておけたらと思います。
よろしくお願いします。たくさんのコメント頂けると嬉しいです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード