スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キネレット(アナキンラ)と妊娠

2010.09.18.07:20

アナキンラはまだ日本では承認されていませんが、もしかしたら使う可能性があるかもしれないので、出来る限り調べてみました。アメリカ合衆国FDA胎児危険度分類の妊娠カテゴリーではBに分類されています。

アナキンラはIL-1受容体拮抗薬で、中等度から重症の関節リウマチの患者さんに使われている。

ラットとウサギで生殖試験が行われた。(体重換算で)ヒトが使う100倍の量でも繁殖力を損なったり、胎児に害を与える証拠は観察されなかった。動物発ガン実験は、アナキンラでは行われていないが、in vitroそしてin vivoでは変異誘発性はなかった。(1)

上皮細胞膜の形質転換を直接阻害することにより、胎児着床不全を起こすことがマウスで示された。(2, 3) 胎児はマウスに戻すと形態学的には正常で、生育可能であった。(3)

アナキンラはウサギ胎盤を通過する。(4)帝王切開で取り出した胎盤を使って組み換えIL-1受容体拮抗薬が胎盤を通過するかどうか実験された。母体から胎児そして胎児から母体のどちらの方向も方向にも移動が見られた。(5)

要約:胎芽/胎児に与える危険性を評価するデータはないが、IL-1受容体拮抗薬は、妊婦の免疫反応機構から胎芽/胎児を守る役割を担っている自然に出てくるサイトカインである。それゆえ、組み換え推奨容量のIL-1受容体拮抗薬が胎芽あるいは胎児に直接的に害を及ぼすかどうかは疑わしい。ヒト妊婦のデータが出るまで、もっとも安全な方法は、妊娠期間はアナキンラを避けることである。計画されたあるいは偶然の妊娠でのアナキンラの使用は胎芽そして胎児に低い危険性を示すようである。

参考文献
1. Product information. Kineret. Amgen, 2004
2. Simon C, Frances A, Piquette GN, El Danasouri I, Zurawski G, Dang W, Polan LM. Embryonic implantation in mice is blocked by interleukin-1 receptor antagonist. Endocrinology 1994; 134: 521-528
3. Simon C, Valbuena D, Krussel J, Bernal A, Murphy CR, Shaw T, Pellicer A, Polan LM. Interleukin-1 receptor antagonist prevents embryonic implantation by a direct effect on the endometrial epithelium. Fertil Steril 1998; 70: 896-906
4. McDuffie RS Jr., Davies JK, Leslie KK, Lee S, Sherman MP, Gibbs RS. A randomized controlled trial of inkerleukin-1 receptor antagonist in a rabbit model of ascending infection in pregnancy. Infect Dis Obstet Gynecol 2001; 9; 233-237
5. Zaretsky MV, Alexander JM, Byrd W, Bawdon RE. Transfer of inflammatory cytokines across the placenta. Obstet Gynecol 2004; 103: 546-550
-Gerald G. Briggs, Roger K. Freeman, Sumner J. Yaffe. ANAKINRA, pp101-102 Drugs in pregnancy and lactation: a reference guide to fetal and neonatal risk.(2010年9月17日にアクセス)


生物学的製剤はもともと生体内で作られている蛋白質なので、非ステロイド性消炎鎮痛薬や抗リウマチ薬に比べると、妊娠における危険性は低いということでしょうか。それでも、きちんとしたヒトでのデータが揃うことに期待したいです
スポンサーサイト

theme : 伝えたいこと
genre : 日記

comment

Secret

管理人のみ閲覧できます

2010.09.21.03:22

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: タイトルなし

2010.09.21.15:52

応援、有難うございます。
「健康保険がない場合、どうすればよいか?」という質問でよかったでしょうか?
待てるのであれば、健康保険が手に入ってから行くのがいいかもしれません。また、州によるかもしれませんが、free clinicみてもらうことは出来るかと思います。
英語が話せない場合は、通訳を頼むことが出来る病院もあります。
私は診察に行くときは、いつから、どんな症状がでたか、薬を使ったかどうか、使った場合は効果はどうだったか、質問等メモして行きます。(通じないときは見せるだけでOK)
プロフィール

あきママ

Author:あきママ
2006年年12月:男の子を出産。(この時すでに高齢出産のお墨付き)
2009年9月:「関節リウマチ」と診断。病気と闘いながら第2児を授かることが出来るか。
2010年3月:「成人発症型スティル病」と診断。
病気に関することを、楽しく気ままな子育ての記録とともに、書き留めておけたらと思います。
よろしくお願いします。たくさんのコメント頂けると嬉しいです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。