子供の予防接種の痛みを和らげる

2010.10.01.06:40

子供が予防接種を受けるとき痛いのは仕方のないことだとあきらめていました。でも、「手」があったのです。

もしあなたの赤ちゃんを予防接種に連れて行くなら、針を指す直前に砂糖水を2、3滴あげることを考えてあげてください。調査で乳児にとって砂糖水は鎮痛剤のように作用し、それはより少なくあるいはより短く泣く呪文となることが分かっています。
-A Sweet Deal、Parenting August 2010、p.127


病院に行く前に、医者に電話であなたの赤ちゃんあるいは子供に予防接種による痛みを最小限にするため事前にアセトアミノフェン(鎮痛剤)をあげていいか聞いてみましょう。タイミングがよくなければ、病院に着いたとき、あるいは帰宅してからすぐにアセトアミノフェンをあげることができるかどうか聞いてみましょう。

もし子供に母乳をあげているなら、落ち着かせるために、予防接種を受けている間、あるいは接種が終わってすぐに授乳することが出来ます。授乳は、抱擁、肌と肌の触れ合い、吸引、そして甘い味の組み合わせ-針の衝撃と苦痛をなだめるたもの解毒剤であるため、強力な痛み止めとなります。

もし、授乳できないなら、予防接種が終わってすぐ揺り動かしたり、赤ちゃんに話しかけたり、歌ったり、赤ちゃんのまわりをダンスしたりして赤ちゃんのの注意をそらしてみましょう。(省略)

もしお母さん(お父さん)が子供の不快を最小限に抑えることを強く望むなら、EMLAと呼ばれるクリームについて医者と話をすることが出来ます。EMLAは、予防接種をする1時間前に塗る局所の麻酔剤です。このクリームを買うためには処方箋がいります。(省略)

医者に子供が受ける予防接種の数を減らすことが出来るよう予防接種を組み合わせてもらうように頼めるかもしれません。(省略)
-Laurel Schultz, How can I make getting shots less traumatic for my baby or toddler? Babycenter
(2010年10月1日にアクセス)


なるほどアメリカでは、2歳以上の子供に経鼻ワクチンが使えるので、それもひとつの手かもしれません。とにかく、一度お医者さんに相談してみるとよさそうですね。
スポンサーサイト

theme : 健康で過ごすために
genre : ヘルス・ダイエット

comment

Secret

管理人のみ閲覧できます

2010.10.07.00:51

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

2010.10.07.21:19

いつもコメント有難うございます。
「よい病院を探す方法」
なかなか難しいですよね。知識や技術がある先生、自分と考え方の同じ先生、子供とっては優しい先生、、、お医者さんといっても同じ人間ですから、あう、あわないは出てくるでしょう。
私は、まず健康保険がきく範囲内で近くの病院からあたってみることにします。人の意見は参考程度に、やはり自分で診察を受けて、確かめてみないと分からないのではないでしょうか?


プロフィール

あきママ

Author:あきママ
2006年年12月:男の子を出産。(この時すでに高齢出産のお墨付き)
2009年9月:「関節リウマチ」と診断。病気と闘いながら第2児を授かることが出来るか。
2010年3月:「成人発症型スティル病」と診断。
病気に関することを、楽しく気ままな子育ての記録とともに、書き留めておけたらと思います。
よろしくお願いします。たくさんのコメント頂けると嬉しいです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード