スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リンパ腫の危険性

2011.02.25.05:38

リンパ節が腫れていることで、K先生は悪性リンパ腫の可能性を一番心配されていたと思います。

エンブレルの添付文書にも「臨床試験及びその後5年間の長期試験で、悪性リンパ腫等の悪性腫瘍の発現が報告されている」と書かれていますし、論文にも時々見かけます。2010年アメリカリウマチ学会で発表された抄録「Biologics and Risk of Lymphoma in Patients with Rheumatoid Arthritis: A Systematic Review and Meta-Analysis.」から。

リウマチ患者における生物学的製剤とリンパ腫の危険性
目的:Bongatzらの生物学的製剤の試験のメタアナリシス*によると、リンパ腫を含む悪性腫瘍の危険性は3倍に増加するという(JAMA 2006)。しかし、この試験は長期安全性を捕らえるためにデザインされたものではない。Burns氏らはリウマチ患者が使用している生物学的製剤がリンパ腫の危険性につながるかどうかを統計的レビュー**とメタアナリシスを行った。

方法:1990年1月から2010年5月までのMEDLINE、EMBASEとINTERNATIONAL PHARMACEUTICAL ABSTRACTSのデータベースを評価した。

結果:最終的に4つの論文が対象となった。これらはすべてコホート研究で、インフリキシマブ、エタネルセプト、アダリムマブ、アナキンラに関連したリンパ腫の危険性が報告されていた。
11万9433人が127ヶ月から158ヶ月間追跡調査された。リンパ腫は129件見つかった。統合された危険性推定値は1.20(95%信頼区間は0.80-1.60)であった。

結論: 我々のメタアナリシスではリンパ腫の危険性の上昇は検出されなかった。以前の研究とわれわれの研究の違いは研究タイプ(試験(Trial)と観察的研究)、追跡期間、症例数によると考えられる。
Lindsay C Burns, Mary De Vera, Vidula Bhole1,Yanyan Zhu, Peter Grayson, Devyani Misra, Hyon K Cho.Biologics and Risk of Lymphoma in Patients with Rheumatoid Arthritis: A Systematic Review and Meta-Analysis. 2010 ACR Concurrent Abstract Session: Rheumatoid Arthritis Treatment

メタアナリシス*: 研究の統合と研究の評価を行うもの。
統計的レビュー**: 特定の疑問に関して、できるだけ多くの文献を網羅的に集めて、それらが科学的根拠に基づいたものであるかどうか再検討すること。

著者らは今後もさらなる検討が必要であるとしていますが、私にとっては少し安心できる論文でした
スポンサーサイト

theme : 健康生活:病気・治療法
genre : ヘルス・ダイエット

comment

Secret

プロフィール

あきママ

Author:あきママ
2006年年12月:男の子を出産。(この時すでに高齢出産のお墨付き)
2009年9月:「関節リウマチ」と診断。病気と闘いながら第2児を授かることが出来るか。
2010年3月:「成人発症型スティル病」と診断。
病気に関することを、楽しく気ままな子育ての記録とともに、書き留めておけたらと思います。
よろしくお願いします。たくさんのコメント頂けると嬉しいです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。