スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バイリンガリズムと認知理論

2011.03.10.07:39

バイリンガルの人は二つの言語がどのように頭に入っているのでしょうか?Cumminsの有名な二つのモデルを前回の「バイリンガル教育と第二言語習得」から紹介します。


① 分離基底言語能力モデル(SUP)
二つの言語は転移することなく別々に機能し、各言語には「限られた」容量しか用意されていない。
② 共有基底言語能力モデル(CUP)
二つの言語は同じ中央処理システムを通じて機能している。

言語の属性は認知システムにおいてバラバラに存在するのではなく、すみやかに転移し相互に影響しあっている。
例えば子供にスペイン語でかけ算を教えたり、英語で辞書の使い方を教えれば、もう一方の言語でのかけ算や辞書使用に簡単に転移する。子供は英語でもう一度かけ算を習いなおす必要はない。
-コリン ベーカー、第10章バイリンガリズムにおける認知理論とカリキュラム、バイリンガル教育と第二言語習得p161-164


バイリンガル教育と第二言語習得バイリンガル教育と第二言語習得
(1996/04)
コリン ベーカー

商品詳細を見る

私がモノリンガルなので、いつも息子君の頭の中はどうなっているのだろうと不思議に思っていました。しかし、CUPによる中央処理システムは英語なのか、日本語なのか、はたまた言語とは全く関係のないものなのか、、、興味深いです。
スポンサーサイト

theme : 英語de子育て
genre : 育児

comment

Secret

プロフィール

あきママ

Author:あきママ
2006年年12月:男の子を出産。(この時すでに高齢出産のお墨付き)
2009年9月:「関節リウマチ」と診断。病気と闘いながら第2児を授かることが出来るか。
2010年3月:「成人発症型スティル病」と診断。
病気に関することを、楽しく気ままな子育ての記録とともに、書き留めておけたらと思います。
よろしくお願いします。たくさんのコメント頂けると嬉しいです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。