スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

診断までの時間

2011.04.18.05:47

ここボルダーはそろそろお花見によい季節です。桜の木は少ないですが、アップルツリーが綺麗です。
同じ雑誌から診断までの平均時間も記されていました。

自己免疫疾患は症状が徐々に出てきてすべての臨床症状が揃うのに時間がかかる。ここに医者が最初の症状が出てから診断するまでにかかった平均時間を示す:
関節リウマチ: 6-9ヶ月
若年性リウマチ: 5ヶ月
繊維筋痛症: 2-5年
シェーグレン症候群: 3-7年
強直性脊椎炎(きょうちょくせいせきついえん) : 6-9年
*最近公表された文献と患者調査による
-Brenda Goodman, Misdiagnosed? Arthritis Today July/August 2010, p76

スティル病についての記載はありませんでしたが、関節リウマチでも6-9ヶ月かかってしまうとは少し驚きました。
スポンサーサイト

theme : 身体の悩み
genre : ヘルス・ダイエット

comment

Secret

プロフィール

あきママ

Author:あきママ
2006年年12月:男の子を出産。(この時すでに高齢出産のお墨付き)
2009年9月:「関節リウマチ」と診断。病気と闘いながら第2児を授かることが出来るか。
2010年3月:「成人発症型スティル病」と診断。
病気に関することを、楽しく気ままな子育ての記録とともに、書き留めておけたらと思います。
よろしくお願いします。たくさんのコメント頂けると嬉しいです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。