スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もう一人の家族

2011.04.19.05:44

昨日はリウマチ科K先生の3ヶ月ぶりの受診でした。予約がうまくとれず、息子君も連れて行きました。

車の中で、息子君、「ママ、赤ちゃんできたから病院行くの?」と聞かれ、何気に「お手手や足の調子を診てもらいに行くだけよ。赤ちゃんはあきらめようと思ってる。」と答えた私。(よかったらGive upを参照してください。)

意外にも息子君、「えー、僕、せっかくお兄ちゃんになれると思っていたのに、、、。」と半ベソになってしまいました。

赤ちゃんができたら、今までとおり息子君と遊べないこと(→大丈夫)、私が入院するのでしばらく離れないといけないこと(→パパといる)、赤ちゃんとは最初友達と遊ぶように遊べないこと(→大きくなるまで待てる)、赤ちゃんに作ったおもちゃを壊されてしまうかもしれないこと(→高いところに置く)等々(→カッコ内は息子君の返答)、短所ばかり挙げましたが、くじけることなく息子君にお兄ちゃんになりたいと強調されました。

息子君に励まされているようで、勇気が湧いてきました。急遽夫君にも電話して、今回の受診ではそのままの治療を続けていくことにしました。

調子はいたっていいので、エンブレルの間隔を1日ずつ、開けていくことになりました。(実はもう9日間隔くらいになっている、、、)また、OTISからの報告、重症のリウマチ患者でエンブレルを使いながら健康な子供を授かった人のことを話してくださいました。

まだまだ小さいと思っていた息子君も家族の一員。何か話し合いがあるときは3人で家族会議ですね
スポンサーサイト

theme : 日々のつれづれ
genre : 日記

comment

Secret

プロフィール

あきママ

Author:あきママ
2006年年12月:男の子を出産。(この時すでに高齢出産のお墨付き)
2009年9月:「関節リウマチ」と診断。病気と闘いながら第2児を授かることが出来るか。
2010年3月:「成人発症型スティル病」と診断。
病気に関することを、楽しく気ままな子育ての記録とともに、書き留めておけたらと思います。
よろしくお願いします。たくさんのコメント頂けると嬉しいです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。