スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一人っ子で十分?

2011.05.29.11:41

もう一人の家族」から一ヶ月余り。夫君、息子君と機会がある度に話し合い、二人目の子供を作るかどうか、悩んでいます。皆、いてもいいような、いなくてもいいような、、、そんな時一人っ子でもいいのかなと思う記事に出会いました。

(省略)何人かの正直な親は、第二子を持とうと決めたのは多くは第一子にとって一番よいことであるということに基づいていて、何が母親や父親にとって正しいかということ基づいたものではないと認めている。多くの人々は子供は兄弟が仲間付き合いのために必要で、そうすることで甘やかされて成長しないと信じている。一人っ子を育てるその傾向を強く反対する親は身勝手さの汚名に直面する。

宝石デザイナーで6歳の息子ニックを持つシルビアは「それは第二子を持つにはひどい理由ですね。」と言う。「私は決して次の子供を持とうと思ったことはありません。そして、ニックは素晴らしいこどもです。彼はよく眠るし、おおらかだし、利口です。それに、私は今の私達のライフスタイルが気に入っています。扱いやすいです。同じように感じる人ばかりではないので、そう言うのが難しいことではあります。第三者は私達が自己中心的であるとおもうでしょう。」遊び相手に関して言えば、シルビアは、ニックはたくさんの友達、親戚、同級生がいるといいます。シルビアが兄弟の楽しみを知らないと思っている人々のために、彼女は5人兄弟で、いまだに彼らはとても仲がいいということを考慮して下さい。

「Maybe One: An Environmental and Personal Argument for Single-Child Families」の著者であるマックケビン氏によると、一人っ子は学校でよい成績(特に科学、数学、文学で)をとり、よりたくさんの友達を持ち、たくさんの家族で育つ子供より男女のルールについてより柔軟である傾向にあると多くの研究が示している。
-BabyCenter Medical Advisory Board, Could one child be enough for you?, babycenter(2011年5月27日にアクセス)

色々な考え方、意見がありどれが正しいとか間違っているなどないとは思うのですが、息子君が一人っ子であることに罪悪感が薄れる記事でした。
スポンサーサイト

theme : 伝えたいこと
genre : 日記

comment

Secret

プロフィール

あきママ

Author:あきママ
2006年年12月:男の子を出産。(この時すでに高齢出産のお墨付き)
2009年9月:「関節リウマチ」と診断。病気と闘いながら第2児を授かることが出来るか。
2010年3月:「成人発症型スティル病」と診断。
病気に関することを、楽しく気ままな子育ての記録とともに、書き留めておけたらと思います。
よろしくお願いします。たくさんのコメント頂けると嬉しいです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。