スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子供に宿題をさせる~その2~

2011.10.31.14:56

前回の続きです。

助言#1
あたなの語彙から「宿題」という言葉を取り除きなさい。代わりに「勉強」いう単語に置き換えなさい。「宿題」の時間の代わりに「勉強」の時間を持ちなさい。「宿題」表の代わりに「勉強」表を持ちなさい。この単語の変化だけで、子供が「宿題がない」という問題が解消に向かっていく。勉強の時間は、たとえ宿題が出ていなかったとしても、まさに勉強の時間である。宿題があるなしにかかわらず、勉強しなければならないときに子ども達にどれほどの宿題が出されているか驚きです。

助言#2
勉強する癖をつけなさい。これは毎日同じ時間である必要がある。勉強時間が始まるとき、子供にいくつかの入力(儀式)を持たせなさい。いったん時間が決まったら、そのスケジュールに徹しなさい。子供は抗議する一方で、その体系になれる。ルーティンが習慣になるまでにいくつかの工夫がいるかもしれない。やり通しなさい。決まった勉強の時間を持つことにより、あなたが教育を評価することが実証される。

助言#3
ルーティンが予想可能で簡潔なものにしなさい。一つの可能性として、勉強時間が近づいてきているという5分前の警告を出し、子供が今していることを終わりにさせ、勉強机をきれいにして、ランドセルに入っている本と勉強道具を取り出し、そして始めるということである。

助言#4
宿題とそれに関した問題について子供に選択肢を与えなさい。彼あるいは彼女は、夕食前あるいは後あるいは帰宅後すぐのいずれかに勉強時間を設定することが出来る。あるいは朝起きてすぐにでもいい。台所の机あるいは彼あるいは彼女自身の部屋の机のいずれかを選ぶことが出来る。子供が選ぶことが出来ないのは勉強をするかしないかということである。
-Chick Moorman and Thomas Haller, How to make your kids do homework?, The 10 Commitments: Parenting with Purpose (2011年10月31日にアクセス)

スポンサーサイト

theme : 小学生の子育て♪
genre : 育児

comment

Secret

プロフィール

あきママ

Author:あきママ
2006年年12月:男の子を出産。(この時すでに高齢出産のお墨付き)
2009年9月:「関節リウマチ」と診断。病気と闘いながら第2児を授かることが出来るか。
2010年3月:「成人発症型スティル病」と診断。
病気に関することを、楽しく気ままな子育ての記録とともに、書き留めておけたらと思います。
よろしくお願いします。たくさんのコメント頂けると嬉しいです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。