母性内科から

2012.02.03.06:03

昨日母性内科の先生から「抗SS-A抗体は陰性でした。」という結果を報告して頂きました。ひとまず安心

お母さんの抗SS-A抗体が陽性だと、赤ちゃんの一部に新生児ループスと呼ばれる症状、つまり、皮疹、血球減少、心ブロック(心臓の電導路の障害)などがみられることがあるそうです。心ブロックは軽快しないことが多く、ペースメーカーを必要とするそうです。

母性内科で見せて頂いた本は、
実践 妊娠と薬 第2版  -10,000例の相談事例とその情報実践 妊娠と薬 第2版 -10,000例の相談事例とその情報
(2010/12/10)
佐藤孝道、 他

商品詳細を見る

エンブレルの項には、「VACTERAL症候群の報告があるが、Organization of Teratology Infromation Specialists(OTIS)からはVACTERAL症候群のリスクが増加するということはないとされている」(妊娠にエンブレルは安全?~その2~を参照してみてください。)と書かれていました。

またこれは母性内科のW先生からですが、関節リウマチでは妊娠すると3割弱の方が、お薬なしで妊娠を継続することが出来るのだそうですが、成人スティル病ではあまり寛解しないそうです。

エンブレルで妊娠・出産する決意がまたまた揺るいでいます

スポンサーサイト

theme : 薬と妊娠
genre : ヘルス・ダイエット

comment

Secret

プロフィール

あきママ

Author:あきママ
2006年年12月:男の子を出産。(この時すでに高齢出産のお墨付き)
2009年9月:「関節リウマチ」と診断。病気と闘いながら第2児を授かることが出来るか。
2010年3月:「成人発症型スティル病」と診断。
病気に関することを、楽しく気ままな子育ての記録とともに、書き留めておけたらと思います。
よろしくお願いします。たくさんのコメント頂けると嬉しいです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード