スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

合併症 ~血球貪食症候群~

2012.03.07.06:24

成人スティル病に合併する重篤な病気として「血球貪食症候群(HPS)」があります。

同時に発症することも、スティルになってからHPSになることも、HPSになってからスティルになることもあるようです。

HPSの症状は発熱、全身倦怠感、出血、意識障害、痙攣、リンパ節腫脹、肝脾腫などです。

血液検査では、血球減少、凝固障害、肝機能障害、高フェリチン血症、高LDH血症などす。

この疾患の決め手は骨髄、リンパ節、肝臓、脾臓、脳脊髄液において血球貪食細胞が一定以上増加していることです。詳細はウィキペディア病気のプロファイルを参考にして下さい。

それにしてもスティルとHPSって発熱、リンパ節腫脹、高フェリチン血症と共通点が多いです。Current Medical Diagnosis&Treatmentの著書で有名なTierney先生は5000μg/l以上高フェリチン血症はスティルかHPSしかないとおっしゃっているほどです。-Lawrence M. Tierney, Jr., M.D., Ashraf Thabet, M.D., and Ha Nishino, M.D.: Case 10-2011 ― A Woman with Fever, Confusion, Liver Failure, Anemia, and Thrombocytopenia. N Engl J Med 2011; 3641: 1259-1270

次回にスティルとHPSの違いについて私なりに考えてみようと思います。
スポンサーサイト

theme : みんなに知ってもらいたい
genre : 日記

comment

Secret

プロフィール

あきママ

Author:あきママ
2006年年12月:男の子を出産。(この時すでに高齢出産のお墨付き)
2009年9月:「関節リウマチ」と診断。病気と闘いながら第2児を授かることが出来るか。
2010年3月:「成人発症型スティル病」と診断。
病気に関することを、楽しく気ままな子育ての記録とともに、書き留めておけたらと思います。
よろしくお願いします。たくさんのコメント頂けると嬉しいです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。