習い事

2012.05.30.05:36

子供の習い事って、何をどれだけ習うか、悩むところですよね。聞くと全部したがるし、毎日お稽古事に行くのはちょっと多すぎる気がします。そして何より、やると決めたことは続けて欲しいです。

息子君、甥っ子君に影響されて、く〇んに行ってました。鉛筆がしっかり持てなかった息子君も、きちんとにぎって字を書いている姿は、頼もしいくらいでした。本人も念願の「宿題」をすることに大満足でした。

始めて半年くらい、甥っ子君が引っ越ししてしまうと、中だるみもあってか、なかなか宿題にとりかかってくれません。私としては、「出来たねー。」「頑張ったね。」と褒めてあげるためのお稽古事が、「いつ宿題するの?」→「宿題しなさい。」の叱る材料になってしまっていました。

先生に相談すると、①息子君だけ宿題があるのは不公平と思っているかもしれないこと、②宿題を自分からすすんでするようになるのは早くても小学校高学年であること、③毎日少しずつプリントを分けて配ってあげること、とアドバイスを頂きました。

私が小さい頃は、く〇んに通っているお友達は、計算が早くて、漢字がスラっと書けて、羨ましく思っていました。どうして私の両親は小さい頃からくもんに通わせてくれなかったのだろうと。今思えば、その子達の努力の結果ですよね。

習い事関して言えば、本人はもちろん、親も不安・疑問なしに後押ししてあげれることが大切かもしれません。

私の心が揺らいでいたので、息子君にも伝わっってしまったようで、結局やめてしまうことになりました。もったいないような、ホッとしたような気持ちでした。

スポンサーサイト

theme : 習い事
genre : 育児

comment

Secret

プロフィール

あきママ

Author:あきママ
2006年年12月:男の子を出産。(この時すでに高齢出産のお墨付き)
2009年9月:「関節リウマチ」と診断。病気と闘いながら第2児を授かることが出来るか。
2010年3月:「成人発症型スティル病」と診断。
病気に関することを、楽しく気ままな子育ての記録とともに、書き留めておけたらと思います。
よろしくお願いします。たくさんのコメント頂けると嬉しいです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード