スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リウマチ因子

2012.09.21.05:57

朝夕めっきり涼しくなり、虫の声に癒されています。今日もさわやかな日になるそう

スティルと診断される前に、血液検査受けましたか?私は一般的な貧血、肝機能、腎機能などから、リウマチ因子、補体、抗核抗体、フェリチンまで、日本では膠原病関連まで受けました。手指、足指の関節はバリバリ腫れていても、リウマチ因子(RF)と抗CPC抗体は陰性でした。


さて、リウマチ因子が高いと、リウマチになるリスクが高くなるという論文から。Sune F Nielsen, Stig E Bojesen, Peter Schnohr, Børge G Nordestgaard. Elevated rheumatoid factor and long term risk of rheumatoid arthritis: a prospective cohort study BMJ 2012;345)

論文によると、(ポワソン回帰モデルを用いて推定した)RAの10年絶対リスクが最も高かったのは、RFが100 IU/mL超で50~69歳の喫煙女性だった。この条件を満たす人々のほぼ3人に1人がRAを発症すると考えられた。逆に10年絶対リスクが最も低かったのは、RF値が25 IU/mL未満の70歳以上の男性で、リスクは0.1%だった。

RF値上昇が見られる人々は、症状がなくても早期にリウマチ専門医を受診した方がよいことを示唆したと締めくくっています。

関節が腫れていないのに、リウマチ因子を検査するなんて、ちょっと変な気もします。またスティルは除外診断だから、検査したときリウマチ因子が高いと「関節リウマチ」と診断されるのでしょうか。
スポンサーサイト

theme : みんなに知ってもらいたい
genre : 日記

comment

Secret

プロフィール

あきママ

Author:あきママ
2006年年12月:男の子を出産。(この時すでに高齢出産のお墨付き)
2009年9月:「関節リウマチ」と診断。病気と闘いながら第2児を授かることが出来るか。
2010年3月:「成人発症型スティル病」と診断。
病気に関することを、楽しく気ままな子育ての記録とともに、書き留めておけたらと思います。
よろしくお願いします。たくさんのコメント頂けると嬉しいです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。