皮下注射の痛さ比べ

2012.11.21.06:29

関節リウマチ(RA)に対する生物学的製剤も6剤と増えて、どれをどう選んでいるのか疑問に思うところです。試してみないと分からないのかもしれません。
それぞれの特徴
s01.gif
(慶應義塾大学リウマチ内科講師 亀田 秀人、<スズケンDIアワー> 平成23年10月27日放送内容より

「注射時の痛みや不快感、ゴリムマブは他の皮下注射の抗TNF薬より少ない」という第76回米国リウマチ学会
2012年11月10日~14日 Washington, D.C., U.S.A.米国Janssen Scientific AffairsのSusan C. Bolge氏らの発表です。

Bolge氏らは、3種類の皮下注射タイプの抗TNF薬に対する印象について調べた。

効果に関して満足度が高かった患者の割合(7段階中の6と7を合わせた割合)はいずれの項目においても、3つの薬剤間に有意な差は認められなかった。

一方、注射時の不快感については、「Severe」と「Moderate」を足した割合はゴリムマブ(GLM)が13%、アダリムマブ(ADA)が25%、エタネルセプト(ETN)が23%で、GLMが最も少なく、不快感をまったく覚えなかった人(「None」)の割合は順に49%、32%、18%で、GLMが最も多かった。

 注射時の痛みに関しても、「Severe」と「Moderate」を足した割合は11%、24%、15%で、GLMが最も少なく、痛みをまったく覚えなかった人(「None」)の割合は49%、44%、28%で、GLMが最も多かった。

 さらに、注射時のヒリヒリ感と灼熱感についても、同様の傾向が認められ、いずれの項目も「Severe」と「Moderate」の合計はGLMが最も少なく、「None」はGLMが最も多かった。

皮下注射って刺すときに勇気がいって、注射液が入るときも痛いからさらに勇気がいります。ただ、治療の選択が増えるのは嬉しいことです。
スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

あきママ

Author:あきママ
2006年年12月:男の子を出産。(この時すでに高齢出産のお墨付き)
2009年9月:「関節リウマチ」と診断。病気と闘いながら第2児を授かることが出来るか。
2010年3月:「成人発症型スティル病」と診断。
病気に関することを、楽しく気ままな子育ての記録とともに、書き留めておけたらと思います。
よろしくお願いします。たくさんのコメント頂けると嬉しいです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード