関節リウマチ患者の飲み過ぎは関節破壊を進行させる可能性

2012.11.24.06:25

第76回米国リウマチ学会(2012年11月10日~14日 Washington, D.C., U.S.A.)、米国University of Nebraska Medical CenterのMarshall Davis氏らの発表からです。

黒人におけるアルコール摂取量と初期RAの進展との関連について、X線画像を用いて検討しています。

対象は、米国黒人の早期RA患者を登録した前向き観察研究コホートであるCLEAR registry登録者のうち、発症後2年以内の患者です。

結果は、「黒人早期RA患者におけるアルコール消費量と病状進行の間には、用量依存的な関係があり」「1カ月当たり15本以上のアルコール飲料を消費する患者の場合、X線上の増悪が有意に加速すること」が示されました。

この研究では抗シトルリン化ペプチド(CCP)値、IgM-RF(リウマチ因子)、CRPで前回の論文とは炎症マーカーが若干異なりますが、お酒はほどほどに、、、ということでしょうか。
スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

あきママ

Author:あきママ
2006年年12月:男の子を出産。(この時すでに高齢出産のお墨付き)
2009年9月:「関節リウマチ」と診断。病気と闘いながら第2児を授かることが出来るか。
2010年3月:「成人発症型スティル病」と診断。
病気に関することを、楽しく気ままな子育ての記録とともに、書き留めておけたらと思います。
よろしくお願いします。たくさんのコメント頂けると嬉しいです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード