米国リウマチ学会2013

2013.10.31.16:45

Happy Halloween!

さて、米国リウマチ学会が10月25日から30日までサンディエゴで開かれました。たくさんの話題の中から、いくつかをピックアップするのは心苦しいのですが、、、全部紹介するわけにもいきません。興味がある人は「ACR 2013」と検索するとホームページにたどり着きます。

まず目についたのは、アメリカでメトトレキセート(MTX)の皮下注製材(米Antares Pharma社、米国での商品名OTREXUP)の第2相臨床試験の結果が、米国University of ColoradoのMichael H. Schiff氏らによって発表されたことです。

MTXは、経口投与の場合、消化管からの吸収が飽和状態になり、投与量に限界があるそうです。

Schiff氏らは、12週間にわたって3群(皮下注MTXの腹部接種、皮下注MTXの大腿接種、および経口MTX)を比較する非盲検クロスオーバー試験を実施しました。注射をすると直線的に15mgまでは血中濃度が上がるそうで、経口投与に比べて高い生物学的利用率を達成できることが分かったそうです。

気になる有害事象は、重篤なものは2例(心筋梗塞による死亡と不整脈)、治療に起因する副作用は3例(疲労感、吐き気、関節リウマチの治療中断)認められ、接種局所の副反応(グレード1の紅斑)が2例報告されたが、全体として皮下注製剤の安全性と忍容性が確かめられました。

適応は経口よりも厳しい条件になっていますが、アメリカではFDAに承認され、2014年から発売される見込みだそうです。


スポンサーサイト

theme : みんなに知ってもらいたい
genre : 日記

comment

Secret

プロフィール

あきママ

Author:あきママ
2006年年12月:男の子を出産。(この時すでに高齢出産のお墨付き)
2009年9月:「関節リウマチ」と診断。病気と闘いながら第2児を授かることが出来るか。
2010年3月:「成人発症型スティル病」と診断。
病気に関することを、楽しく気ままな子育ての記録とともに、書き留めておけたらと思います。
よろしくお願いします。たくさんのコメント頂けると嬉しいです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード