スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

放課後の遊び

2014.10.20.07:39

先日、保護者の懇談会で、子供の「放課後の遊び」についての話し合いがありました。ほとんどの保護者が悩んでいるのが、ゲーム機の使用についてでした。まずは、ゲーム機をもたせるか、もたせないか、もたせた場合のルールなどについて、それぞれの家庭で、それぞれのルールがありました。

息子君、ゲーム機を持っています。制限時間は、厳しく設けていませんでした。ゲーム機が子供に悪影響を及ぼすとは深刻に考えていませんでした。

いまどきの子供はゲーム機を通して、それなりにコミュニケーション、交渉していると思っていました。また、家の周りで遊ぼうもなら、「子供の声がうるさい。」とご近所から苦情を言われたこともあり、子供を外へ出すことに躊躇してしまいます。毎日、お天気がよければ、公園へ連れて行くことが出来ればいいのかもしれません。

とにかくゲーム機について調べていると、耳の痛くなる本を発見しました。
「メディア漬け」で壊れる子どもたち「メディア漬け」で壊れる子どもたち
(2009/05/16)
清川 輝基、内海 裕美 他

商品詳細を見る
これがすべてではありませんが、ゲーム機を買おうか買うまいか、どうつきあっていけばよいか、迷われているなら、一読しておく価値はあると思います。


スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

あきママ

Author:あきママ
2006年年12月:男の子を出産。(この時すでに高齢出産のお墨付き)
2009年9月:「関節リウマチ」と診断。病気と闘いながら第2児を授かることが出来るか。
2010年3月:「成人発症型スティル病」と診断。
病気に関することを、楽しく気ままな子育ての記録とともに、書き留めておけたらと思います。
よろしくお願いします。たくさんのコメント頂けると嬉しいです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。