私が経験したステロイドの副作用 ~その3~

2010.04.19.04:00

後は食欲不振、食欲亢進、多毛、低カリウム性アルカローシス。

食欲不振はプレドニン30mg、メトトレキセート15mgを飲み始めて1週間してから始まり、1ヶ月くらい続きました。どちらのせいか、あるいは両方のお薬のせいか分かりませんが、不思議なくらい食べられず、体重が3kg減りました。

その後、食欲亢進に傾き(もともと食べるのが好き)、お腹が空いたときは、無脂肪のヨーグルト、野菜や果物を食べるように心がけています。胃が小さくなっているのか、一度にたくさんは食べられず、息子君が1日6食食べることも重なって、一緒に間食してしまうことが多いです。体重は思ったほど増えていません。

多毛が気になるのは、顔の産毛と足のすねの毛。顔の産毛は、月一度剃る程度でよかったのですが、今は2週間すると気になってきます。足の毛は、脱毛に一時凝っていて、結構つるつるだったのに、今は毛が生えてしまっています。
夫君に「かみそり買わなくてもいいの?」と聞かれ、始めて気づきました。(余計なお世話、アメリカ人は剃るのが当たり前?)

低カリウム性アルカローシスの症状はテタニー(手足の筋に強い拘縮が起こり、手足の屈曲が数分間持続する、いわゆるつる状態です)、しびれなどの症状が現れるのだそうです。私は手足がよくつる時期があり、カルシウムのせいかと思っていましたが、高カルシウム血症あるいはプレドニンによる低カリウム性アルカローシスのせいだったのかもしれません。今は全くつることはありません。

いずれにせよ、医薬品医療機器総合機構からでている医薬品医療機器情報提供ホームページで一度調べて、知っておくといいかもしれません。



スポンサーサイト

theme : 健康生活:病気・治療法
genre : ヘルス・ダイエット

comment

Secret

プロフィール

あきママ

Author:あきママ
2006年年12月:男の子を出産。(この時すでに高齢出産のお墨付き)
2009年9月:「関節リウマチ」と診断。病気と闘いながら第2児を授かることが出来るか。
2010年3月:「成人発症型スティル病」と診断。
病気に関することを、楽しく気ままな子育ての記録とともに、書き留めておけたらと思います。
よろしくお願いします。たくさんのコメント頂けると嬉しいです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード