英語混じりの日本語

2010.07.06.14:15

5月下旬から、息子君の日本語に英語が混じっているのが気になっています。英語を話すときに日本語は混じっていません。(英語で話す機会は増えています。)何か間違っているのかなあと気になっているときに、「お母さんあるいはお父さんがバイリンガルのとき」(私も夫君もバイリンガルというほどではないのですが)という記事を見つけました。

‘一人、一言語’を試す。子供が一部分だけをききかじったりしないように、一人の大人に第二外国語だけを話してもらうことは有用である。

多少の混じりは仕方がない。子供が語順を間違えたり、同じ文で両方の言語からの単語を使うのは自然なことである。子供はすぐに言語を分けることを学ぶ。

子供の進歩を過少評価していはいけない。2種類の言語を学ぶことが言語能力の遅れを原因になると多くの人が思っているが、それは事実ではない。あなたの小さな子供は同じ歳の子供より知っている英単語は少ないかもしれない。しかし、もしあなたがその単語を教えて子供の第二言語として知っているなら、子供の単語数は同じ歳の子供より多いかもしれない。
-Ilisa Cohen, When Mom or Dad Is Bilingual, Bilingual Babes: Teach Your Child A Second Language, Parents.com(2010年7月5日にアクセス)

息子君の日本語に英語は混じっているのはそういう時期かもしれません。夫君には英語だけを話してもらうように協力してもらいます。私は日本語だけを話すように気をつけます。そして、寝ているときと食べているとき以外はペラペラと話す息子君と、日本語での会話を楽しむようにします
スポンサーサイト

theme : バイリンガル
genre : 育児

comment

Secret

プロフィール

あきママ

Author:あきママ
2006年年12月:男の子を出産。(この時すでに高齢出産のお墨付き)
2009年9月:「関節リウマチ」と診断。病気と闘いながら第2児を授かることが出来るか。
2010年3月:「成人発症型スティル病」と診断。
病気に関することを、楽しく気ままな子育ての記録とともに、書き留めておけたらと思います。
よろしくお願いします。たくさんのコメント頂けると嬉しいです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード