CATスキャン

2010.07.11.06:27

K先生に大きさ、場所、数をきっちり確認したいと説得され、首のリンパ節の腫れを詳しく調べるため、造影CATスキャン(computerized axial tomography scan; コンピュータx線体軸断層撮影法)を受けました。

看護士さんに、「造影剤を入れている間は、身体が温かく感じるよ。また、トイレに行きたい感じがするかもしれないね。」と言われました。私は、造影剤でアレルギーになり、最悪ショック状態になってしまわないかどうも心配でしたが、看護士さんが終始リラックスした感じで、注射も難なくいれてくれました。

さて、造影剤が身体に入ってくると、顔が(温かいというより)じわーっと暑くなり、そして会陰部も暑くなりました。これはトイレに行きたくなる感覚です。実際の検査には10分もかかりませんでした。何事もなく、無事済んでほっとしました

次は生検でしょうか
スポンサーサイト

theme : 日記
genre : 日記

comment

Secret

プロフィール

あきママ

Author:あきママ
2006年年12月:男の子を出産。(この時すでに高齢出産のお墨付き)
2009年9月:「関節リウマチ」と診断。病気と闘いながら第2児を授かることが出来るか。
2010年3月:「成人発症型スティル病」と診断。
病気に関することを、楽しく気ままな子育ての記録とともに、書き留めておけたらと思います。
よろしくお願いします。たくさんのコメント頂けると嬉しいです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード